=TOP= of 山﨑広三税理士事務所

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


山﨑広三税理士事務所 since 2009-02-12

 「複雑な税法とテクニカルな会計。ビジネスを進めていく上では避けては通れないが・・しかし日常的なテーマではない。」「 だから専門家・税理士に任せておけばいい・・。」そう感じている会社経営者の方は多いはずです。本当は会社の経営に直接的な企画立案が必要なのに、クライアントの現場も知らない、名ばかりのコンサルティングは、何の意味もありません。
 「しがらみがあって・・」「何の提案もしてくれない・・」 担当されている税理士に不満を持っていても、経営者が自ら担当税理士に直接クレームを言えないのは何故なのでしょう?税理士は専門家でありながら、特殊能力(経営改善・事業再生など)は求められずに今日まできてしまったのかもしれません。
 混沌とした時代だからこそ、専門家はよりクライアントの経営に近づいていかなくてはならない。ビジネスを、マネジメントを、よりダイレクトにコンサルティングができなくては、真のプロフェショナルとは言えません。会社の業務も生産ラインも、そして収益をまさに上げている営業の最前線も見たことのない専門家に、コンサルティングを語る資格はありません!私は経営者の皆様と共に最前線で企業の成長をサポートをしたいのです。事業戦略計画・投資計画・コスト削減・企画広告立案etc.経営者の襲われる全ての不安と悩みの解決に、私の使命があります。